離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避するために自分自身を見つめ直し相手の良さに気づく為に少し距離を取ってみよう

1397 views
約 3 分
離婚を回避するために自分自身を見つめ直し相手の良さに気づく為に少し距離を取ってみよう

・第三者を話し合いに混ぜて離婚を回避する

離婚は夫婦で喧嘩などから発展することが多いです。夫婦で熱くなった状態で、話し合ってはまとまる話もまとまらず、どんどん悪い方向へ話が進んでしまいます。その為に、親や親戚などではなく、どちらの立場にも近くない方を話し合いに混ぜることにより、冷静に客観的に見ることが出来ますので、話し合いがまとまる場合が多いです。違う視点から物事を見てもらうことにより、お互い納得する答えが見つかる可能性が高くなります。どうしても第三者が見つからない場合は、調停を開くというのも、一つの手です。冷静にならなければ話し合いも上手くいきませんので、第三者を話し合いに混ぜましょう。

・自分自身を見つめ直し、相手の良さに気づく為に、少し距離を取ってみよう

離婚は、相手だけの原因にしがちですが、必ずといって、自分自身にも原因があるはずです。そんな自分自身を見つめ直す時間を持つ為に、進んで距離を取って、一人で冷静に考えることも大切です。自分の行動や発言は、本当に正しいのか、相手をきちんと思いやっていたのか、一人で冷静になり、自問自答することにより、原因が掴めるかもしれません。また、少し距離を取ることにより、家事やお金のやりくり、仕事を行うことにより、相手の大切さに気づくことがあるかもしれません。距離を取るのは、お勧めできないと言う話もありますが、距離を取ることにより、お互いの大切さに気付くこともあると思いますので、すぐに離婚を決めず、距離を取るのも大切です。

・子供の成長を考えて、離婚を回避しましょう

離婚は夫婦二人だけの問題ではなく、両家の親や親戚、そして何より子供がいたら、子供の人生に大きな影響を与えてしまいます。子供は片親だけでは、成長に大きな影響を与えてしまいます。親が二人揃っていて、はじめて子供は安心する事が出来ます。もちろん片親でも立派に育ている方はいますが、子供の精神状態を考えれば、親が二人揃っている方が良いです。自分たちのことだけを考えずに、子供を第一に考えるということを夫婦で話し合い、子供の成長や精神状態を理由に離婚を回避する事も大切です。

・相手を思いやる気持ちを持つことにより、離婚を回避出来ます

離婚を決めた理由は、価値観の違いや生活スタイルの違い、浮気など様々なことがあると思いますが、一番は思いやる気持ちが足りないと感じてしまうことにあります。夫はお金を稼ぐのは当たり前、家事や育児を手伝うのが当たり前など、本当は感謝すべきことなのに、それが当たり前となり、感謝の気持ちを伝えることを忘れている場合もおおいです。逆に、妻は家事や育児は当たり前となり、感謝の気持ちを伝えないなど、お互いの頑張りを当たり前と感じてしまっている状態が、離婚の危機に繋がります。基本的な朝の挨拶や普段の生活の中でのありがとうの一言で、意外にそれだけで、離婚危機を改善することが出来るかもしれません。

 

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)