離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避する方法は経験者に聞くべし!

1400 views
約 3 分
離婚を回避する方法は経験者に聞くべし!

夫婦ならば誰しも関係がうまくいかなければ離婚したいという思いにかられることがあるはずです。突然パートナーから離婚を切り出されたらと思うと不安な気持ちになることが在るかもしれません。端から見ていると、仲がいいと言われている夫婦が実は仮面夫婦のようだったという話は、よくある話です。相手には、「別れたくない」などの思いがつのることもあるようです。夫婦仲を戻したいなどと思っている人は、今すぐにでも離婚を回避する方法を知るべきです。まず、離婚を回避するためには正しい方法であるいは正しいやり方で、夫婦関係を修復する必要があります。これまでに夫婦の危機を経験したことがない人は普通は離婚を回避する方法を全く知らないでしょう。それが普通です。人は、生まれも育ちも違うなかで生活してきているわけですから、価値観の違いなどははじめからあるといっても過言ではありません。だからこそお互いにコミュニケーションをとることが大切です。

離婚を経験している人のほとんどは、離婚を回避するための正しい方法を知らないまま離婚しているというケースがほとんどです。離婚を回避するためには、まずは離婚を経験している人の話を聞くことから始まります。離婚を回避できた経験している人に、何が原因だったのか、その原因は相手にあったのかあるいは話を聞く本人にあったのかなどを聞くことにより、自分が直面している離婚を回避する原因と繋がるということもあります。不安に感じたら、自分はどうしたいのかを含め、相手に話を聞くことにより、解決の糸口が見える可能性があります。職場の上司や先輩でも、親戚や兄弟などの身近な人でも誰でもいいのです。今の自分の気持ちを素直に打ち明けることにより、考えが変わることもあるかもしれません。ただし、注意すべきことは、相談した相手が離婚を回避できたからといって必ずしもそれを自分も実践できるという考えは持たない方が望ましいです。あくまで参考にすることが望ましいです。

離婚を回避するためには、正しい考え方と正しい行動、そして回避するための行動力が必要になります。離婚をしている人は正しい方法をしらないまま離婚しているケースがほとんどといっても過言ではありません。離婚を回避するためには、まずは正しい方法を知り、相手を納得させるための正しい方法を身に付けることが大切です。離婚を回避するためには、離婚を回避したことのある経験者に話を聞くことが大切です。また、インターネットなどで自分で調べるという方法も有効ですが、独学では回避するための方法が見つからないといっても過言ではありません。しかし、有効な方法が見つかるまでには時間がかかります。途中で諦めないで有効な方法を見つけるようにするとよいです。正しい方法と行動がわかればあとは、離婚を回避するための行動力を身に付けて相手のために行動することが望ましいです。絶対に離婚を避けたいという強い思いがないことには難しい行動と言えます。

 

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)