離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避する方法は原因を知ることから始まります

975 views
約 3 分
離婚を回避する方法は原因を知ることから始まります

・離婚を回避するために原因を知りましょう

離婚の話し合いにまで、話し合いが進んでしまっているのならば、必ず何らかしらの原因があります。相手から離婚を突きつけられて、その原因が分からない場合、自分の行動をしっかりと見直し、原因を突き止めなければなりません。原因が分からなければ、離婚回避を行うことは難しくなってしまいます。相手に直接聞くのも一つの方法ですが、自分で気付いて行動した方が、相手からの評価は上がるでしょう。原因を把握して、対策を行うことにより、離婚回避をすることが可能となります。離婚の話し合いにまだ及べば、冷静な話し合いができない可能性もありますので、しっかりと冷静な自分を作ることも大切であり、相手が熱くなっても、冷静な対応を行いましょう。

・離婚を回避するために、話し合いに信頼できる方を入れましょう

離婚を回避するためには、話し合いもとても大切です。しかし、離婚まで話が進んでいる二人が、話し合いをしても、冷静な話し合いや冷静な判断ができていない可能性があります。その為に、信頼できる第三者を話し合いに加えることにより、冷静な話し合いが行えます。第三者がいることにより、相談だけでなく、二人の不満を客観的に判断してくれますので、上手くまとめて、冷静な判断を行ってくれるでしょう。信頼できる第三者は、夫婦のどちら側にもつかないような方を選ぶ必要があるので、その点に注意して、第三者を選びましょう。話し合いに第三者を入れるだけで、離婚を回避した方はたくさんいらっしゃいます。

・離婚したい原因が浮気や不倫の場合

離婚したい原因が浮気や不倫の場合は、信頼を取り戻すのに、誠意が必要です。自分が浮気や不倫をした場合は、嘘をつかずに、しっかりと相手に謝罪の言葉を述べて、浮気や不倫をしてしまった経緯を話しましょう。下手な言い訳は、相手を逆なでさせてしまう可能性もたりますので、言い訳はやめましょう。相手が浮気や不倫をしていた場合は、しっかりと話を聞いて、相手を許す寛大な心を持たなければなりません。せっかく夫婦になり、思い出も情もあるはずです。相手が浮気や不倫をした理由は、もしかしたら寂しい思いをさせた自分にもあるかも知れませんし、話をよく聞き、冷静な判断をしましょう。

・子供がいる場合は、子供の成長を考えて離婚を回避しましょう

離婚を考えている方で、子供がいらっしゃる方は、子供の成長をしっかりと考えなければなりません。子供は両親が二人揃って、初めて心が安定します。離婚の話し合いをしていても、子供の前では、仲良くしなければならないのが、親の務めです。親の喧嘩ほど、子供の心に影響を与えることはありませんので、子供の前では仲良くしましょう。子供の成長を考えた時に、子供の心や経済面、生活面など、片親になって、かえって苦労を掛けてしまわないか考えましょう。子供のために離婚しないということも親の務めです。

 

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)