離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避するには冷静な話し合いが大切です

984 views
約 3 分
離婚を回避するには冷静な話し合いが大切です
夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる方法
【改訂版】「夫の浮気・解決法」
プロ心理カウンセラーによる離婚を回避する方法
【男性の方はこちら】【女性の方はこちら】

・離婚を回避するには、冷静な話し合いが大切です

離婚を回避するには、冷静な話し合いをすることが大切です。離婚にまで話が進んでいってしまった場合、感情ばかりが熱くなり、冷静な話し合いが出来ていなく、判断を間違う可能性も高いです。一度冷静に話し合うために、一人の時間を作り、冷静な状態を作り上げる必要があります。それでも冷静な話し合いが出来ない場合は、信頼できる方を話し合いに加えて、三人で話し合うことをお勧めします。夫婦二人が熱くなっても、客観的な立場の方がいらっしゃるだけで、冷静な判断をしてくれますので、離婚を回避することが可能となります。話し合いに加える方は、夫と妻どちら側にもつかない、冷静な話し合いができる方を選びましょう。

・離婚を回避する為に、思い出話を語ろう

離婚を回避する為に思い出話を語り合うことも有効です。人には必ず情というものがあり、結婚までした夫婦ならば、思い出もたくさんあります。思い出を語り合うことにより、お互いの楽しかったことや悲しいことを乗り越えてきたという、世界にたった一つだけの思い出があります。思い出を振り返ったり、思い出の場所に行ってみたりすることにより、お互いの良いところを再認識したり、頑張ろうという気持ちにさせてくれます。子供がいれば尚更思い出がたくさんあるはずです。二人だけで作り上げてきた歴史を、本当に終わらせて良いのか、自分も相手も考え直すようになりますので、思い出話や思い出の場所へ行くことはお勧めです。

・離れて暮らしてみることで離婚を回避しましょう

離婚を回避する為に、離れて暮らしてみるということも一つの手となっています。離れて暮らしてみることにより、お互いの大切さが分かることがあります。日々の生活の掃除や洗濯、経済面、子供の世話など、二人で分配していた作業が、一人で全て行うとなった時に、相手の大切さが身にしみるでしょう。子供がいらっしゃる場合は、両親どちらとも住んでみて、心身の変化を敏感に汲み取りましょう。子供には精神的に悪いことかもしれませんが、離婚するよりは良いと思うので、距離を取って、お互いいない生活で、お互いの大切さに気づいて、離婚を回避しましょう。

・子供の為に離婚を回避する

離婚は、夫婦二人だけの問題ではなく、子供がいらっしゃる方には、子供に大きな精神的なダメージを与えてしまいます。子供は親が大好きなので、離れ離れで暮らすということが、プラスに働くということは、子供にとってはありません。そこで、人生を子供に捧げ、子供の為に生きるということも選択肢の一つです。離婚は自分たち夫婦の問題ではなく、子供の成長を妨げると考えて、離婚を回避することも手です。夫婦どちらかに不満があっても、子供のことを考えれば、不満など我慢が出来るはずです。子供のことを考えて離婚を回避しましょう。離婚ということは、様々方々に、迷惑と心配をかけるので、子供のことや周りの方々に心配を掛けないで夫婦生活を続けることも大切です。

 

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているので、あなたにも離婚回避の可能性は十分あります。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似することで回避出来る可能性は大きく高まります。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)