離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避するためには、相手の話を聞くことから始まります

2244 views
約 3 分
離婚を回避するためには、相手の話を聞くことから始まります

離婚を回避する為に相手の話を聞いて原因を把握しよう

離婚を回避する為には、相手の話を聞いて、原因を把握する必要があります。離婚を回避したくても、自分に心当たりがない場合は、相手の話を聞くことしか、原因を把握することが出来ません。相手の話を冷静に聞いて、原因を解決する努力を行わなければなりません。もしも、自分に原因がある場合は、それを改善する努力を行わなければなりません。価値観のズレなどもあるかもしれませんが、違う家庭で育ってきたのですから、どんな夫婦にもある程度の価値観のズレはあります。どの夫婦もそれを乗り越えていっていますので、二人で価値観を合わせていく努力や、相手を受け入れることがとても大切なこととなっています。

原因が浮気の場合の離婚回避の方法

離婚の話し合いの原因が相手の浮気の場合は、相手を許す寛大な心を持つことが大切です。そして、浮気をしてしまった原因を感情的にならずに、しっかりと聞きましょう。もしかしたら、自分が相手に寂しい思いをさせていたら、少なからず自分にも原因があるかもしれません。人間ですから、浮ついてしまうことがあります。一度の過ちで、相手を切り捨てることはやめましょう。自分が浮気をしてしまった場合は、誠心誠意を込めて、謝る他ありません。しっかりと事情を説明して、言い訳などはせずに、世界で一番愛しているのは誰か、しっかり伝えましょう。離婚を回避出来たとしても、信頼は失っていますので、しばらくはなるべく早く家に帰ったり、一人で遊びに行ったりするこもは控えましょう。

離婚を回避する為に、家族旅行へ行こう

離婚を回避する為に、無理にでも家族旅行に行くことをお勧めします。家族旅行の場所は、以前行ったことがあるところをお勧めします。その理由は、夫婦には夫婦にだけの想い出があります。楽しかった旅行を思い出すことにより、相手も過去を振り返るようになり、情というものが生まれていきます二人で歩んできた歴史を振り返って、これで本当に良いのかと、自問自答させることが大切です。想い出の地へいくことにより、冷静に自分と向き合うことが、お互い出来るようになります。せっかく二人で歩んできた道を、ここで終わらせて良いのか、よく考えるいい機会となるでしょう。

子供のために離婚を回避しましょう

夫婦の間に子供がいる場合、夫婦だけの問題ではないです。子供は、親の離婚に大きな精神的なダメージを受けてしまう可能性が非常に高いです。そして、離婚をした親の子供は離婚するというケースが多くなっていることもあり、離婚をするのは普通のことと勘違いして育つ子供が多いです、
子供の将来の幸せを考えた時に、離婚という選択が本当に良いのか考えて、子供のために離婚をしないで、子供のためだけに、夫婦二人で協力して育てていくということも、大切なことです。子供を育てるという共通の目標があれば、うまくやっていけるはずです。

 

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)