離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

妻の両親が原因で離婚しそうになり、回避しました

1970 views
約 4 分
妻の両親が原因で離婚しそうになり、回避しました

1.私の年代と性別について

私は結婚2年目の30歳の男性です。恥ずかしながら結婚2年目で離婚の危機がありました。妻は24歳で、1歳子供がいます。私達は、所謂できちゃった結婚であり、順番を間違えたこともあり、相手の両親の猛反対がありましたが結婚しました。そんな中結婚したので、両者の親との関係も悪いまま結婚してしまいましたので、離婚の危機を結婚してからも抱いていました。もちろん結婚式も行なっていません。妻の実家は、田舎であり、一世代前の考え方が根付いており、私達家族のことに口出しが多くて、それが根本的な離婚危機の原因でした。

2.家庭環境や職種、給料面について

私の家族は、私と妻、子供の三人暮らしです。私と妻の両親共に今住んでいる所から、割と近くに住んでいます。職種は、私も妻も製造業に勤めており、給料面は、私は年収300万ほどで、妻が100万ほどです。収入は高いとは言えませんが、普通に暮らすには問題ない程度です。しかし、妻の両親は、給料が安すぎる、お前が無能だからなどと罵ってきます。転職も考えたのですが、私は今の仕事が好きであり、職場の仲間もとても親切なので、辞めたくありません。まさか、正社員で働いているのに、仕事や給料面でまで、文句を言われるとは思いもしませんでした。

3.相手の性格と離婚を考えるくらい嫌だった点

私が嫌だった相手の性格は、妻が妻自身の親に逆らえなかったことです。親の言う通りに生きてきた妻は、親に反抗することができず、私が妻の親から罵られても、味方をすることなく、知らんぷりでした。できちゃった結婚は、間違いを犯したのだと言い、何でも言うことを聞かなければ、怒られると言う生活が続いていました。挙げ句の果てには、夜毎日家に来るようになり、毎日嫌味を言って帰ると言うことが続いていました。

4.何故離婚危機に陥ったのか

私が離婚危機に陥った理由は、相手の両親の嫌味に耐えきれずに、相手の両親に怒り返したことです。散々嫌味を言われ続けたこともあり、私もストレスの限界でした。ある日家に来いと呼び出しを受けて、家に行くと、また嫌味を罵られました。私もさすがに頭にきて、もうやめてください、迷惑ですと言ったら、相手の両親がなんだその態度は、と怒り出し、怒鳴りあいをしてしまいました。もう来るなと言われて、分かりましたと帰りました。その後、妻は親から離婚するようにと話があったそうです。

5.どのような方法で離婚を回避することができたか

私が離婚危機を回避した理由は、妻に私を取るか、親を取るかの二択を迫ったからです。あの妻の両親と今後付き合って行くことなど、私は考えるだけでも、将来を悲観してしまうので、私は絶縁することをのぞみました。妻は子供もいるし、離婚はしたくないといい、離婚をやめてくれました。しかし、自分の親と縁を切ることはできないと言い、仕方がないので、妻だけは両親にたまに会っても良いと言いました。しかし、私の子供は、できちゃった結婚を間違いといった以上会わせないつもりです。子供が産まれてからもそのようなことを言うことを私は許せません。

6.離婚回避をしたい方への私からのアドバイス

私のように、相手の両親と合わずに、苦労している方は多くいらっしゃるでしょう。我慢して付き合いを続けられるのならば、それでいいでしょうが、人生は一度だけです。一生その苦労がつきまとうとしたらと考えただけで、将来が見えなくなります。常識から外れるかもしれませんが、付き合いをやめるということも大切です。ストレスの限界がきて、精神的な病気になる可能性もあるので、付き合いをやめてしまいましょう。難しいことかもしれませんが、家族の存続の為に、幸せを手にいれる為には、そのような勇気を持つことが大切です。相手もきっと分かってくれるでしょう。

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

マニュアル作成者の保有資格:
・米国NLPマスタープラクティショナー
・ケアストレスカウンセラー
・青少年ケアストレスカウンセラー

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」

離婚後、復縁したいならこちら

”カップルが別れてからの復縁と離婚からの復縁は使う方法が大きく異なります。離婚からの復縁も7stepでは網羅していますから安心です。(リンク先より引用)”

【7step】はこちら(無期限・無制限メールサポート付き)
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!

この記事を書いた人(寄稿者)

みんなの記事を代理投稿
みんなに書いてもらった記事を代理投稿しています。投稿記事は色々な方が書いた文章になります。とても良い文章が沢山ありますので、あなたのお悩みが解決することのお役に立てるかもしれません。

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)