離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくないならば、話し合いが大切です

596 views
約 3 分

離婚は、本人同士のことだけではなく、子供があれば子供にも、親戚関係にも大きな影響を与えてしまうものです。特に子供がいる場合、慰謝料や養育費など、金銭関係のことも大きな問題となり、精神的、生活にも大きな影響を与えてしまうものです。離婚をしたくないのならば、しっかりとした話し合いを行うべきです。しかし、感情的になった話し合いは、感情的になっているので、その場で冷静な判断をすることが出来ず、離婚を決めてしまう可能性がありますので、冷静な状態での話し合いが一番大切です。冷静な状態で話し合うのならば、夫婦どちら側の味方につかない第三者を交えて話し合うことがお勧めです。夫婦二人で話し合えば、感情的になった時に歯止めが効かなくなる可能性があるので、しっかりとした第三者を交えて話し合いを行いましょう。第三者がいることにより、感情的になりにくくなり、冷静な話し合いを行え、尚且つその第三者が間に入り、違う視点からの意見を入れてくれれば、冷静な話し合いを行うことが出来ます。話し合いで重要なのは、離婚となる根本的な原因を洗い出し、それをどう改善していくか、本気で話し合うことが大切です。例えば、旦那が仕事ばかりで、家事や育児を行わないのが妻のストレスとなり離婚となった場合、旦那は転職さえ視野に入れて、家事や育児に参加するようにするなどの対策が必要です。もちろん旦那側から見れば、朝早くから遅くまで、一生懸命働いて、そこから家事や育児をするのは大変だとは思いますが、離婚をしたくないならば、転職さえ視野に入れる必要があります。給料が下がっても家族といる時間を優先し、家事や育児にも参加するという誠意が伝われば、離婚回避することが出来るでしょう。家族を失うことに比べたら、転職しても仕方ないことと割り切りましょう。話し合いも冷静な話し合いでなければ、意味がないのは、感情的になり、転職して、時間を作ってやるなどという上から目線や怒り口調の言い方で伝えては絶対にいけません。優しく柔らかい口調で話し合わなければ、離婚にまで話が進んでいるので、いつ感情的になってしまうか分からないので、冷静な話し合いをすることを第一に考えて、話し合いを行いましょう。第三者はどちらに味方してしまうような方は、やめておきましょう。どちらかに味方してしまうような話し合いは、2対1となり、冷静な話し合いが出来なくなります。それにより、第三者を選ぶ時も慎重に選び、どちら側にもつかない、冷静な判断で、話し合いが出来る人、離婚をしてほしくないと思ってくれる人を選ばなければ、火に油を注いでしまう可能性がありますので、第三者を選ぶ時も気をつけましょう。せっかく縁があって夫婦となったので、話し合いで離婚を回避して、仲良くやっていくのが良いでしょう。いつかその話し合いも笑って話せる時がやってくるので、今は耐えて、離婚をしない為に、全力を尽くしましょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)