離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

暴言が原因で離婚したくない場合

629 views
約 3 分

今回は暴言が原因で離婚したくない場合の対処法についてお話しさせていただきます。昨今ではひと昔とは違って色々なハラスメント(暴力)が問いただされています。そんな中で暴言があまりにも酷い場合には離婚に発展してしまう場合がありす。それだけ暴言はDVとは違って体に外傷が残らない分、分かりにくいので特に加害者側の意識が薄くて『自分はいつ暴言を吐いたのだろうか?』と自己意識が低いですのでまさか離婚問題にまで発展しないだろうと思っている人も多いのが現実です。
ですので夫婦間において暴言が原因で離婚したくない場合には概ね加害者の方に否がある事が殆どになります。また夫婦においては毎日一緒に生活をしていますので相手がいるのが当たり前と思ったり相手がしてくれている家事があまり前に感じる分、感謝の気持ちがだんだんと薄れて行ってしまい相手の発言に対してイラッと来ることがあったらつい暴言を吐いてしまう事があります。ですので加害者側が気をつける事と致しましては感情のコントロールと言い方の2つになります。特に感情のコントロールについては恐らく会社などの集団の中で働いている方は仕事中は概ねできているのではないかと思います。なぜならもし会社で好き勝手な事を言ったり上司や社長にたてついたりすると査定が下がったり酷い場合には会社をクビになってしまう場合もあるからです。ですので簡単に言ってしまえば家庭でも適度な気を使う事が暴言が原因で離婚したくない場合のキーポイントとなります。
どうして家で気を使わなければいけないのかと嫌に思う方もいらっしゃるかも知れませんが結婚をした以上はパートナーがいる訳ですので自分のことを支えてくれる人に対しての感謝の気持ちを常に持つ様にしましょう。また子供の時に親に対して暴言を吐いていたと言う人はその場合には母親と言うのはお腹を痛めて産んだ我が子な訳ですのでたとえ暴言を吐かれたからと言って親子の縁を切ることはありませんが、結婚の場合には相手との関係は血縁ではありませんのであまりにも酷い言葉使いや態度をしていると相手から離婚を知り出されてしまうと言うリスクを感じた方が良いでしょう。
また暴言が原因で離婚したくない場合に考える事として、果たして自分はどうなのだろうか?被害者だと思っていたけど実は相手に暴言を吐かせている原因は自分が作ってはいないだろうか?と言うことです。もしもこの記事をお読みの方で、自分はいくら相手が暴言を吐いていようとも、何とか相手を正して暴言が原因で離婚したくない場合の対応を考えていると言う方は、少しでも自分に原因がないかを一度分析してみると良いでしょう。特に自らカッとなって相手に暴言を吐いているのにも関わらず、相手の言葉尻だけを捉えて『自分は暴言を吐かれた』と被害者面しているのでれば本末転倒です。
この様な事からお分かりの通り、大切な事は我が身を振り返って今一度自分の言葉遣いを改めて見ると相手の言葉遣いが優しく変わる場合があります。ぜひ暴言が原因となって現在不仲だと言う方は一度試してみて下さい。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)