離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚の回避の為に別居してみることも大切

離婚の回避の為に別居してみることも大切
夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる方法
【改訂版】「夫の浮気・解決法」

プロによる離婚を回避する方法
【男性の方はこちら】【女性の方はこちら】

・お互いの大切さを知る為に別居してみる

離婚回避の為に、別居は効果的に働くことがあります。その一つが、お互いの大切さを知ることが出来るということです。長く夫婦で暮らしていれば、お互いいつも一緒にいることが当たり前となり、お互いの大切さを忘れてしまっている場合があります。夫は毎日汗水垂らして働き、休みの日は子供と遊んでくれること、妻は毎日の家事や育児、パートで働きながら行っていることなど、別居することにより、一人になると、考える時間も増えますので、それが良い方向へ働くこともありますので、離婚回避の為に別居してみるということも、大切なことです。

・考える時間を作る為に別居してみる

離婚するかまで話し合いが進んでしまうと、顔を合わせれば、喧嘩や話すことすらしなくなったりしてしまうことが多いです。その為に、同じ家にいれば、考える時間もなく、感情に任せて、離婚の思いが膨らんでしまう可能性も高いです。そうならないように、一度別居し、考える時間を作るということも大切です。一人で冷静に考える時間を作ることにより、感情的にならず、客観的に考えることも出来ますので、考える時間を作る為に別居してみるということも一つの手です。特に顔を合わせれば喧嘩している夫婦は、感情的になっている可能性が高いので、より効果があるでしょう。

・子供がいる場合の別居は考えて行いましょう

離婚は夫婦だけの問題ではなく、親戚関係や子供に大きな影響を与えてしまいます。特に子供は精神的なダメージを受けやすい為に、気をつけなければなりません。一度別居してみるという選択は良いのですが、子供は両親ともに大好きなので、なるべくいつも会える距離で別居を行い、なるべく両親と会える環境を作ることが大切です。いきなり、どちらの両親に会えなくなるということは、のちに離婚回避したとしても、心に残る可能性があるので、いつでも会える状況を作っておくということが、とても大切なことです。別居し、子供に会えない時間が増えると、離婚したらそう簡単に会えないだろうという思いを実感し、離婚したくなくなる可能性もあります。子供はシングルで立派に育てている方もいらっしゃいますが、やはり両親がいる環境で育てることが望ましいと思いますので、別居をきっかけに考え方が変わることも多いので、一度離れてみることも良いでしょう。

・別居中は用があるとき以外はなるべく連絡は取らないようにしましょう

別居中は用があるとき以外は、なるべく連絡は取らないようにしましょう。いつも連絡を取っていれば、別居して考える時間を作る意味もなくなってしまいますし、いつもそばにいるような錯覚をしてしまうので、別居の意味合いが薄れてしまいます。その為に、なるべく連絡は取らないようにして、別居をしましょう。子供の声が聞きたいなどの理由もあるかもしれませんが、子供と会う日は事前に決めておいたり、子供が携帯電話を持っているのならば、直接電話をかけるなどして対応しましょう。別居はお互い自分自身を見つめ直す機会なので、頻繁に連絡を取ることはやめて、まずは自分で自問自答を行い、離婚についてしっかり考えなければなりません。

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているので、あなたにも離婚回避の可能性は十分あります。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似することで回避出来る可能性は大きく高まります。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

コメント投稿

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)