離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくない場合に弁護士に相談する方法

2573 回閲覧されました。

【離婚回避のための陳述書テンプレート】を3つご用意しました!
説得力を最大化するために、影響力のある六つの武器を活用し、
明確なメッセージであなたの立場を強化します。
離婚回避のための陳述書テンプレート



この記事が良かったら共有しよう!

※当サイト内に設置している外部リンクはアフィリエイトリンクです。

手遅れになる前にやること、
それは、女性目線、つまり妻の立場からのアドバイスを知ることです。
女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル ←
離婚したくない場合に弁護士に相談する方法

本日は離婚したくない場合に弁護士に相談する方法についてお話をさせていただきます。こちらは離婚をしたくないのに相手は離婚を強く希望しており、弁護士が付いている場合でも離婚したくない方に弁護士が付くことはあまりありません。それはどうしてなのかと言いますと、いくらお金を払って皆さまが依頼をしたとしても弁護士がついたと言って相手の気持ちまでを変える事はできないからです。ただも食事が喉を通らなかったり食欲が落ちて痩せこけてしまい、夜も眠れない位に離婚のことを考えてしまう様であれば、離婚したくない場合に弁護士に相談する方法を取った方が良いと言えます。

例えば相手がかなりの勢いで離婚をしたい場合にはいきなり調停を申し立てられる場合があります。この様な場合は急に連絡が来た場合は焦ってしまいます。ですので皆さまが離婚したくない場合に弁護士に相談する方法を取らなければ調停は時間が経過すればそれだけ相手との修復が難しくなってしまいます。特に相手も弁護士を使って調停に持ち込んできたと言う事はすぐさまではなくてそれなりに長い時間考えてのことだと思いますので簡単に考え方が覆る訳ではないと言えます。

でも実際にこちら側も離婚したくない場合に弁護士に相談する方法を取ったことで、やはりもう一度復縁をして夫婦生活をやり直したいと裁判中に気持ちが変わったと言う方も多くいらっしゃいます。ですので相手が弁護士を立てて離婚調停をしている場合にはこちらはご両親やご友人では太刀打ちができない事が殆どですので離婚を専門に扱っている弁護士に相談してみると良いでしょう。
具体的に弁護士に相談することでどの様なことが分かるのかと言うと、どうして相手は離婚調停に持ち込んだのかと言う真意です。
あなた側の弁護士が相手に確認をした時に、例えば「あなたがいつも話を聞く耳を持たない」ですとか「離婚の話を持ち出すと直ぐにあなたが逃げてしまうので相手も弁護士を立てた」また「金銭的に全く自由がないので弁護士を立ててあなたに対して離婚調停を申し出た。」などの相手の本当の事が分かる場合がありますので皆さまが離婚をしたくない場合にはまず相手とじっくり話をすることが大切となります。

今度は逆の立場として相手が全く話を受け付けてくれない時には、こちら側としては離婚したくない場合に弁護士に相談する方法として、あなたが弁護士を通して相手に対し「夫婦間の問題は元々2人の問題なので今後の事は二人で話して解決をしたい。」と言う意思を伝えてもらうこともできます。そうすればさすがに相手も弁護士から連絡が来たと言うプレッシャーからあなたとの接点を持つ様になるでしょうし、弁護士と言う立場を使えば「下手に離婚をしようとするとまた弁護士が出てきて説得させられてしまうな」と言う弁護士と言う言い方は悪いですがある意味「脅し」をかけられる様にもなります。そうすれば離婚をしたくないあなた側の立場の方が強くなりますので後は皆さまの腕の見せ所で離婚を回避することだってできるのです。この様に離婚したくない場合に弁護士に相談する方法としては実務や立場を利用して色々と皆さまにとって良い方向に進める事ができるのです。

更に詳しい情報はこちら(マニュアルをご用意しました)

【広告】女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

手遅れになる前にやること、
それは、女性目線、つまり妻の立場からのアドバイスを知ることです。


~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

マニュアル作成者の保有資格:
・米国NLPマスタープラクティショナー
・ケアストレスカウンセラー
・青少年ケアストレスカウンセラー

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」

この度、カード払いのみ、
分割払い対応をスタートしました。

【広告】絆を断ち切る前に…

不安に感じていますか?あなたとパートナーの間に広がる溝、その恐れと疑問、そして孤独…。​ あなたが心の救いを求めているのを知っています。その答えは『心理資格保持者によるオンラインカウンセリングUnlace』にあります。​ 数多くの夫婦が選ぶUnlace。彼らと同じく、あなたもこの波に乗ってみませんか?​ 私たちの提供するカウンセリングは、離婚を回避し、幸せな絆を再構築するための最適な手段として知られています。​ 心理の専門家たちが、あなたのために24/7対応しています。​ Unlaceは、あなたの疑念や信念を革新的なアプローチで変革し、新たな視点を提供します。​ 私たちが誇るのは、実際の結果。多くの夫婦がUnlaceを利用し、その効果を証明しています。​ この説得的なプロセスにより、あなたは新しい自分、そして新しい関係を築くことができます。​ Unlaceは、心の中の声にすぐに応え、あなたのペースでサポートを続けます。​ 「本当に離婚は最後の選択か?」という疑問に、私たちは二つの答えを提供します。​ 私たちのカウンセリングは、反復的なセッションを通じてあなたの心の深部にアクセスし、その根源から問題を解決します。​ 今すぐ、Unlaceの無料心理診断を体験してみてください。新たな未来への道標として活用できます。​ 私たちは約束します。一緒に、あなたの心の傷を癒していきます。​ そして、未来のあなたが今の選択を後悔しないよう、私たちは全力でサポートします。​

【広告】:
復縁のプロが教える【7step】はこちら(無期限・無制限メールサポート付き)
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

コメントは記事下部から

この記事を読んだ感想や意見を、コメント欄に書き込んでみませんか?あなたの考えや経験は、他の読者にとっても貴重な情報になるかもしれません。ぜひ、あなたの声を聞かせてください!

この記事を書いた人(寄稿者)

みんなの記事を代理投稿
管理者の保有資格(メンタルケア心理士等複数保有)みんなに書いてもらった記事を代理投稿しています。投稿記事は色々な方が書いた文章になります。とても良い文章が沢山ありますので、あなたのお悩みが解決することのお役に立てるかもしれません。

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)