離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくない場合に弁護士に相談する方法

1287 views
約 3 分

本日は離婚したくない場合に弁護士に相談する方法についてお話をさせていただきます。こちらは離婚をしたくないのに相手は離婚を強く希望しており、弁護士が付いている場合でも離婚したくない方に弁護士が付くことはあまりありません。それはどうしてなのかと言いますと、いくらお金を払って皆さまが依頼をしたとしても弁護士がついたと言って相手の気持ちまでを変える事はできないからです。ただも食事が喉を通らなかったり食欲が落ちて痩せこけてしまい、夜も眠れない位に離婚のことを考えてしまう様であれば、離婚したくない場合に弁護士に相談する方法を取った方が良いと言えます。

例えば相手がかなりの勢いで離婚をしたい場合にはいきなり調停を申し立てられる場合があります。この様な場合は急に連絡が来た場合は焦ってしまいます。ですので皆さまが離婚したくない場合に弁護士に相談する方法を取らなければ調停は時間が経過すればそれだけ相手との修復が難しくなってしまいます。特に相手も弁護士を使って調停に持ち込んできたと言う事はすぐさまではなくてそれなりに長い時間考えてのことだと思いますので簡単に考え方が覆る訳ではないと言えます。

でも実際にこちら側も離婚したくない場合に弁護士に相談する方法を取ったことで、やはりもう一度復縁をして夫婦生活をやり直したいと裁判中に気持ちが変わったと言う方も多くいらっしゃいます。ですので相手が弁護士を立てて離婚調停をしている場合にはこちらはご両親やご友人では太刀打ちができない事が殆どですので離婚を専門に扱っている弁護士に相談してみると良いでしょう。
具体的に弁護士に相談することでどの様なことが分かるのかと言うと、どうして相手は離婚調停に持ち込んだのかと言う真意です。
あなた側の弁護士が相手に確認をした時に、例えば「あなたがいつも話を聞く耳を持たない」ですとか「離婚の話を持ち出すと直ぐにあなたが逃げてしまうので相手も弁護士を立てた」また「金銭的に全く自由がないので弁護士を立ててあなたに対して離婚調停を申し出た。」などの相手の本当の事が分かる場合がありますので皆さまが離婚をしたくない場合にはまず相手とじっくり話をすることが大切となります。

今度は逆の立場として相手が全く話を受け付けてくれない時には、こちら側としては離婚したくない場合に弁護士に相談する方法として、あなたが弁護士を通して相手に対し「夫婦間の問題は元々2人の問題なので今後の事は二人で話して解決をしたい。」と言う意思を伝えてもらうこともできます。そうすればさすがに相手も弁護士から連絡が来たと言うプレッシャーからあなたとの接点を持つ様になるでしょうし、弁護士と言う立場を使えば「下手に離婚をしようとするとまた弁護士が出てきて説得させられてしまうな」と言う弁護士と言う言い方は悪いですがある意味「脅し」をかけられる様にもなります。そうすれば離婚をしたくないあなた側の立場の方が強くなりますので後は皆さまの腕の見せ所で離婚を回避することだってできるのです。この様に離婚したくない場合に弁護士に相談する方法としては実務や立場を利用して色々と皆さまにとって良い方向に進める事ができるのです。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)