離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくない場合の伝家の宝刀とは

600 views
約 3 分

本日は離婚したくない場合の伝家の宝刀とはどの様な物があるのかと言う事についてお話をさせていただきたいと思います。離婚話が起こるに当たっては往々にして2つのパターンがあります。1つは夫婦のうちのどちらかはまだ相手の事が好きであり、急に別れ話が訪れてくるパターンです。またもう一つは一つ屋根の下に住んでいるのにも関わらずにお互いが疎遠になってしまって、もしかしたらどちらかから離婚話を持ちかけるのではないかと思わせる雰囲気がある場合です。
そしてまだ後者の場合であれば気持ちの準備ができていますので良いのですが、前者の場合には離婚話を受けた側としてはその日まで普通に暮らしていたのにも関わらず不意打ちを食らった感じになります。また離婚話を切り出した方はもしかすると相手がそうなるのが分かっていながらも気持ちが動揺している間に一気に離婚ができる様にたたみ掛けようと言う作戦である可能性もります。なのでそんな場合の離婚したくない場合の伝家の宝刀とはどの様な物があるかと言うと、一般的には別居状態になると言う事が言えます。本来であればどちらかが相手の短所を指摘して夫婦関係が改善される事が好ましいのですが、そもそも相手が話さえ聞いてくれなかったり頭から離婚をする気が満々だと言う場合には離婚したくない場合の伝家の宝刀とは何かを考えると最終的にはもう別居しかないのです。また別居の目的は言い出した相手に対して『いきなり離婚だと言われても困るのでしばらく考えさせて欲しい』と言う言い方をすれば離婚宣告をした側も『確かにそうかな』と思って希望を受けてくれる場合が多いと思います。またこれは表面的な言い訳でり、本当は離婚を告げた側に対して考え直してくれないかと言う希望を含んだ時間を創り出したいと言うささやかな想いもあるのです。実際に別居をした事で離婚を宣告した側も相手の大切さが分かって離婚の危機を回避できたと言うパターンも少なくはありません。
また別居をしたくないと本当に望んでいるのであれば離婚したくない場合の伝家の宝刀とはズバリ『復縁屋』に依頼をすると言う方法があります。そもそも復縁屋とは何なのか?をご説明すると、別れさせ屋がカップルを別れさせるためのサービスだとすると復縁屋は逆になりまして、離婚を希望している側に対して色々な事をまるで偶然起こったのかの様にハプニングを持ち込んで離婚したいと考えている気持ちを思い留まらせる様にしてくれるサービスになるのです。
正直、このサービスを利用するにはそれなりの費用が掛かりますが、しかし復縁屋もプロですので受けた仕事はきっちりとこなしてくれますので皆さまのご希望通りに離婚を回避させて、また元どおりに夫婦生活が送れる様になれるでしょう。必ずと言って良いほど投資した分の良い結果が返って来ますので最期の切り札となる伝家の宝刀だと言えるでしょう。この様に一方的に相手の宣告によって離婚の危機にさらされた場合にはいくつかの伝家の宝刀の方法を実践してみると良いでしょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)