離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚の危機を本気で回避したいなら

83 views
約 3 分
夫が浮気をやめてあなただけを愛するようになる方法
【改訂版】「夫の浮気・解決法」
プロ心理カウンセラーによる離婚を回避する方法
【男性の方はこちら】【女性の方はこちら】

・離婚の危機は誰もが経験する

なんといっても結婚生活は長く続きます。
そんな中、離婚の危機がやってきます。
大抵の人が何度でも体験するはずです。

最初に訪れるのは三年目だと言われています。

ちなみに結婚して三年が新婚期間だそうです。
なんでも最初の離婚の危機は三年後を目安にやってきます。

だからといって、三年の危機を乗り越えても離婚の危機は何度でもやってきます。

・離婚の危機を乗り越えても安心はできない

重要なのは離婚の危機は乗り越えてもまた、発生する厄介なモノです。
考えてみたら、波のような存在です。
なので、回避できたからといって安心はできません。

特に離婚の危機の内容によっても対処が違います。

例えば、相手の浮気が原因だった場合、相手が浮気相手と別れても安心はできません。

何故なら、浮気相手と再会。
そのまま、再び、同じ相手と浮気行為。
となってしまうかもしれません。

それでは離婚の危機の再発となってしまいます。
離婚を回避するのなら再発にも注意しなくてはなりません。

特に二度目の離婚の危機は一度よりも厳しいものになります。
何故なら、今回もうまく回避できるとは限らないからです。
しかも、相手の方もそれなりに対策を出してくるはずです。

・束縛しずぎも離婚の危機につながる

一度、離婚の危機を迎えるとまた、同じことが起こらないか不安になります。

だからといって、常に相手を監視するような行為は束縛になってしまいます。
束縛は離婚の原因です。
離婚の危機を恐れるあまり、自分から離婚の危機を呼び込んでしまうようなモノです。

どうしても、気になるという気持ちはよく分かります。
いったん、離婚の危機を乗り越えたらある程度の間隔を置きましょう。

確かに危機が去ったとはいえ、すぐぶり返す可能性はあります。
だからといって、相手を疑ってばかりでは夫婦の仲が改善するのは難しいです。
それに束縛しすぎると相手との間に距離ができてしまいます。

当然、乗り切った後に夫婦の距離が開けば、残念ながら離婚となってしまいます。
本当に離婚を避けたいならなるたけ、相手を束縛する行為は慎むことです。

・離婚の危機を回避することは可能か

結論からいって離婚の危機は何度でも起こります。
必ず、回避しなくては待っているのは離婚する行為につながります。
常に本気で対処しなくてはいけません。

絶対、別れたくないという意思をはっきりすることです。

意思をはっきりさせることは相手にも離婚したいという意欲もなくすことにつながります。
ただし、意思が強くても離婚の危機はやってくる場合があります。

その都度、対処しなくてはいけないというわけです。

ただ、ここで気をつけなくてはいけないことがあります。
勘違いだけには気をつけましょう。
逆に相手に離婚の意志を持たせてしまう場合があります。

そもそも、離婚したくないのだから回避することが大切です。
だけど、その対処法に全力を尽くさないと本当の意味での離婚の回避にはなりません。

最後に離婚したくないのなら全力で回避しなくてはいけないということです。

妻に許してもらい離婚を回避する方法

 妻に許してもらい離婚を回避する方法
【男性版】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているので、あなたにも離婚回避の可能性は十分あります。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法
【女性版】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら実際に「離婚を回避できた事例」を知ることが近道となります。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似することで回避出来る可能性は大きく高まります。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法(数多くの問題解決をしてきたプロの心理カウンセラーがまとめたマニュアル)の詳細をご覧ください。

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)