離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくない方は様々な方法を試してみましょう

703 views
約 3 分

・離婚したくない方は、話し合いを冷静に行いましょう

離婚したくない方は、話し合いを冷静に行うことが何よりも大切です。離婚するかまで話が進んでしまうと、なかぬか冷静にお互い話し合いが出来なく、感情的になってしまう恐れが高いです。感情的になって話してしまえば、間違った判断をしてしまい、離婚に陥る可能性が高いので、お互い冷静な状態で話し合うことが大切です。お勧めの方法は、夫婦どっち側にも味方をしなく、離婚して欲しくないと願っている方に、立ち会ってもらい、話し合いをすることです。もう一人違う誰かがいることにより、感情的にならず、冷静な意見も貰えるので、とてもお勧めの方法となっています。

・相手が感情的になり、まともな話し合いが出来ない時の方法

自分がいくら冷静でも、相手が感情的になり、まともに話し合うことが出来ない場合は手紙を送るということも一つの手です。手紙は考えてかくことが出来ますし、自分も感情的にならないメリットと、相手に一人でいる時に読んでもらうことにより、相手も冷静に手紙の内容を把握し、考えることが出来ます。手紙の内容には、離婚の原因の改善点を書き、日頃の感謝、離婚したくないこと、愛の言葉などを添えて、手書きで書きましょう。今はメールやラインなどがありますが、手書きで書くことにより、より気持ちが相手に伝わりやすくなります。手紙ならば、第三者に見せて、相談することも出来て、客観的に判断してもらうことも可能なので、とてもお勧めの方法となっています。

・子供の為に離婚しないという方法

離婚は夫婦だけの問題ではなく、子供にも大きな影響を与えてしまい、子供の精神的なダメージは計り知れません。そこで、子供のこと、子供の成長のことだけを考えて、離婚しないように説得する方法もあります。子供の精神的な不安が成長に悪い影響を与えてしまいかねないこと、教育費などの金銭面など、その点をうまく伝えて、離婚回避をしましょう。離婚寸前までいった原因は、人それぞれ違いますが、子供のことに関しては、共通しているでしょう。子供のことだけを考えて離婚しないという選択をとった後に、離婚原因となったことを改善し、夫婦としてうまくやっていくことも可能なので、まずは、子供のことを考えて、離婚の回避をしましょう。

・離婚したくないならば、アプローチを変えましょう

離婚したくないならば、様々な面からアプローチをかけなければなりません。話し合いが上手くいかないなら、手紙に変える、会えば毎日喧嘩ならば、少し距離を置いて別居してみる、話もしてくれないならば、おはようなどのあいさつだけはするなど、少しずつアプローチを変えてみましょう。同じアプローチをしていては、それで離婚寸前までいってしまったので、あまり意味はありません。様々な面からアプローチすることにより、相手の感情も変化する場合も多くなっています。離婚したくないだけでは何も変わりませんので、様々な面からアプローチをする方法も大切です。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)