離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

浮気が原因の離婚を回避する方法

553 views
約 3 分

【結婚しても日々の愛情表現をかかさないこと】

ここ数年で日本も離婚大国になってしまいましたが、決して喜ばしいことではありません。また離婚の理由も様々ですが、特に時代を問わずに浮気問題は無くなる事はありません。浮気が無くなればだいぶ離婚件数が減るのではないかと思うのですが、そもそもどうして人は浮気をしてしまうのか、特に結婚後について言えば『ずっとパートナーと一緒にいれる』と言う安心感相手がいるのを当たり前だと感じるからです。なのでよそで綺麗な女性やイケメンを見ると自分のパートナーと比べてしまって、魅力を感じてしまい興味を持ってしまうのです。そうならない為には日々の愛情表現を欠かさない事です。海外では当たり前なのですが毎日『アイラブユー』と伝えたらハグをしたりなど日々、最愛のパートナーに愛情を注ぐ事を怠らなければ相手が貴方以外の異性に目移りする可能性は低いでしょう。

【共通の友人を増やすこと】

次は物理的な部分が強いですが、パートナーの浮気を防止する為に、お互いの共通の友人を増やす事です。特に旦那さまが浮気症だと言う場合には常に大人数で遊んでいれば貴方の目の届く所に旦那さまがいる訳ですので、知らない所で他の女性に手を出すと言う事もなくなります。また共通の知り合いが多いと言う事はそれだけ情報網が広くなりますので旦那さまの行動で怪しい事があれば事前に指摘をして浮気を止めることもできますので、知り合いを沢山作れば作る程浮気が原因で離婚になるケースを回避することができるのです。

【生活の中に常に生活に刺激を与える事】

人はどうして浮気をしてしまうのか、特に結婚した後については毎日同じ生活の繰り返しを送る訳ですのでどうしてもマンネリ化になってしまうのです。ですので結婚をしていようともやはり人間ですので、職場やプライベートで魅力的な人がいた場合には恋をしてしまうのです。ですのでこのサイクルに終止符を打つには生活の中に常に刺激を与える事が大切なのです。かと言ってたいそうな事をやろうとしなくても、週末は必ず食事に行ったり偶に奥さまにお花を買って行ったり平日も1回はデートをするなど、旦那さまからしたら家と会社の往復、奥さまからしたら毎日家事ばかりの生活サイクルの中に刺激を加えることでいつまでの新鮮な気持ちでパートナーを愛することができますので、他の人に目移りをして浮気をしたり離婚の危機になることもないのです。

【浮気相手と話をする方法】

最後にご紹介をする方法は特に旦那さまが浮気をした場合に奥さまが使う手でもあるのですが、もし旦那さまが浮気をしていることが分かり、携帯電話などから浮気相手の連絡先が分かった場合、ストレートに浮気相手に電話をして「うちの旦那は私のことを愛しているので今後一切会わないでください」と別れる様に釘を差す方法です。これを聞いた浮気相手の女性はそれ以降「めんどくさい」と思い、旦那さまとの交際を止めるでしょう。また経済的に余裕がある場合には探偵を使って旦那さまの浮気現場に乗り込んでとどめを刺す方法もあります。最近ではインターネットでも離婚問題を専門に取り扱っている弁護士や別れさせ屋と言う浮気相手と別れさせる相談に乗ってくれる会社もありますので、情報として知っておくと良いでしょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)