離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

妻が浮気をしても離婚したくない対策

592 views
約 3 分

【日常生活に刺激を加える】

もし貴方の奥さまが浮気をしている事が発覚したら世の中の半分の旦那さまは許せないと思うでしょうし、残りの半分はどうしてなのだろうと考えると思います。もしも旦那さまとして離婚をしたくないと考えるのであれば後者の『どうして奥さまは浮気をしてしまったのだろう』と考える方が建設的になります。また奥さまが浮気をすると言う場合には大きなくくりで言いますと、日常生活がマンネリ化してしまって現実逃避をしたいと言う場合が多いですので、奥さまの為に何ができるか?どの様な刺激を与えてあげるべきかと言う事を考えると良いでしょう。

【セックスレスを解消する】

次にご紹介をさせていただく対策はセックスレスをなくすと言う事です。ズバリ人妻が浮気をする場合に、単なるお茶をしたりお茶をするために浮気相手を見つけると言う事はあまりありません。旦那さまにとっては残念かも知れませんが、奥さまの浮気の多くは肉体関係が絡む物になります。そしてその原因は旦那さまとのセックスレスがとても大きな原因の一つになっている事は言うまでもありません。特に日常の会話やコミニュケーションにおける問題がないと言う場合の上で奥さまの浮気が発覚した場合にはセックスレスが原因の可能性が高い場合が多いですので妻が浮気をしても離婚したくない場合には旦那さまもお仕事帰りで疲れているかも知れませんが、夜の営みも夫婦間で大切なコミニュケーション作りとなりますので改善する様に致しましょう。

【旦那さまの言動に問題がないかを分析する】

奥さまが浮気をしてしまった場合、相手を責めて浮気をやめさせて、しかも離婚をさせないと言う強行な方法もありますが、しかしその方法ですとその場は収まるかも知れませんが、圧力的に押さえつけてしまう方法ですので、奥さまが心底
自分の罪に対して改心するかと言うとまた別問題になってしまいます。なので北風と太陽の物語の様に強い風を吹かすばかりではなく、妻が浮気をした原因は自分の言動にも問題があったのではないかとか自分の言い方や態度を受ける側だったらどう思うか?を自己分析してみてそこで問題を感じた場合には奥さまも同じ様な事を感じて蓄積された物が浮気と言う形で発散されてしまったと考えて、自らの態度を改めて奥さまの浮気を辞めさせると言う方法もあるのです。

【奥さまの満足する希望を聞く】

最後にお話をさせていただく事は担当直入に今奥さまが旦那さまや家庭に対して不満に思っている事は何かを聞いて叶えてあげられる部分は対応をして奥さまのストレスを低減させる事で浮気を辞めてもらう方法です。もちろん全てを叶えられる訳ではありませんが、例えば子供の面倒をもう少し見て欲しいですとか炊事、洗濯、掃除など家事を分て欲しいですとか土日のどちらかは外食をしたいですとか、もう少し嫁姑問題の間を取り持って欲しいなど、実は旦那さまができる事は結構あるのです。ですのでどうしてもっと早く気が付いてあげられなかったのだろうかと思う事も案外ありますので、直接的に奥さまストレスを減らして浮気と言った現実逃避しなくても済む環境を作る事だってできるのです。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)