離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくない方の性格の不一致の対応策

853 views
約 3 分

・相手を認めることが大切です

離婚の原因が性格の不一致の場合は、相手を認めることが大切です。性格の不一致は、違う環境で生きていたので、ある程度誰にでも起こりうることです。まずは、相手を認めることが大切です。何故そうのかと悪い方に考えるのではなく、そういう考え方もあるのだなと、学ぶ機会と捉えれば良いのです。性格の不一致を理由に自分でコントロールしたいだけではないのかよく考えて、相手のことを思いやる心を持たなければなりません。性格の不一致は、仕方ないこと、受け取り方の問題だと考えるだけで、一つ一つの事柄にいちいち腹をたてることもなくなりますので、学ぶ機会と捉えましょう。

・離婚回避のために家族のルールを作ってみる

性格の不一致が原因で離婚にまで話が進んでしまった場合は、家族のルールを作ってみることをお勧めします。どうしても譲れないことを一つ一つ出し合い、塾考し、ルールを作りましょう。ルールはお互い譲れないことを優先順位をつけて、一つ一つ出し合って、それを守るようにしましょう。ルールは毎月見直しを行い、常により良い方向へ変化できるようにしましょう。家族の絶対ルールを作ることにより、ブレなくなり、性格の不一致も徐々に近づいてくるというメリットがあります。性格の不一致が原因で離婚するのはナンセンスです。何故ならば、同じ性格の人間など一人もおらず、合わないという理由で離婚するということは、逃げであり、自分のコントロール下に起きたいという理由が挙げられるからです。性格の不一致は家族のルールで対応できることを話、離婚回避しましょう。

・性格の不一致は周りのアドバイスを聞いて対応をする

性格の不一致は他人に相談することが大切です。性格の不一致は、自分の意見が正しいと思うでしょうが、それが世間的に正しいとは限りません。世間的に相談してみることにより、自分が間違っているというきっかけになったりします。相談することにより、客観的に物事を見ることができて、新しい知識がつきます。自分がおかしいのか、相手がおかしいのか、客観的に見てもらうことにより、冷静な対応をすることが出来ます。性格の不一致で離婚する話になってしまった場合は、第三者を入れて話し合い、客観的な意見をもらったりすれば、固まった頭を柔らかく出来ます。

・他の夫婦の話を聞いて見る

性格の不一致で離婚しそうな場合は、他の夫婦の話を聞いて見ることも大切です。意外にも、他の夫婦も同じような悩みに悩んでいることに気付きます。性格の不一致など夫婦にとって当たり前のことなのです。夫婦にとって、性格の不一致で悩んでいたことなど、他の夫婦にとって、当たり前のことと気づくこともあり、みんな同じだと思えば、離婚話話するほど悩んでいたことが、大した悩みではないことに気付きます。みんなその試練を乗り越え、立派な夫婦となっていく事に気付けば、離婚もいう選択肢を選ぶことがなくなります。大切なことは、逃げることではなく、夫婦としてどうやっていけば良いか考えることです。離婚という選択肢を選ぶということが逃げだということを相手に伝え、乗り越えようと働きかけましょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)