離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚したくない対策のまとめ

544 views
約 3 分

【今や日本は離婚大国】

今や年間23万人の人が離婚をしていて、時間件数に換算すると何と2分に1組の件数になります。なので今や離婚大国の日本ではありますが、いくら世間が離婚ブームだからと言っても自分は別れたくはないと言う気持ちはとても大切な事です。離婚すると言う事は嫌いになったら別れれば良いのでとても簡単です。でもせっかく好き合って結婚をしたのに簡単に別れてしまうと人を信じる事ができなくなってしまいます。ですので離婚をしないための心得や方法を学んでおく事でもし皆さまに離婚の危機が訪れた場合でも対応ができて離婚大国から外れる事もできるのです。

【性格の不一致はコミニュケーションを取りましょう】

離婚の理由の中でも性格の不一致は群を抜いています。『貴方とは考え方が違うから最初はやって行けると思ったけどやはり無理みたい』と言ってしまえばそれまでです。この手の離婚のケースは後を絶ちませんが、でも考えてみて下さい。人間は同じ家族に生まれて来ても性格が違えば一つ屋根の下で暮らしていても癖や生活習慣が異なります。ですのでいくら恋人からフィアンセに発展をして結婚をしても性格が不一致なのは当たり前の事なのです。ですので少しでもお互いの溝を埋める為にも普段からのコミニュケーションがとても大切なのです。特に「些細なことなのでこの位いいか」と思っている事が積み重なって離婚問題に発展するケースも多いですので気になった事はとことん話をする事が離婚を防止する事に直結するのです。

【思いやりを持つことの大切さ】

例えば皆さまが子供の時にご家族で同居されている時でも親子間の衝突があったと思います。でもこちらはまだ腹が立っていても時間が経つと母親が「ごはんの時間よ」と何事もなかったかの様に対応してくれていたケースがあったと思います。これはお母様がいつまでも引きずっていても仕方がないのでご家族への思いやりから気分を一転してくれていたのです。実は全く同じ様な事が夫婦間でも言えますので、何かのもめごとがあった場合には一息おいて相手の立場になって考えてみましょう。そうすると自ずと皆さまの言動が変わって行き揉め事も小康状態に落ち着くのです。特に夫婦間だけの事ではありませんが、思いやりさえ忘れなければ離婚問題にまで発展する問題は殆どないのです。

【素直になること】

大人になるとそれまでの人生経験からどうしても意地やプライドが出てきます。仕事に使う分には一向に構わないのですが、でも夫婦間で意地やプライドが捨てれずに生活をしていると小さな喧嘩が絶えません。そして相手から見放されてしまう事にもなり兼ねませんので子供の時にはできていた「悪いと思ったら謝る」ことの大切さを今一度思い返して見ましょう。これができなが為にだんだんと夫婦間の会話がなくなって行くパターンが非常に多いのです。素直になって謝ることはお金も掛かりませんし皆さまの気持ち次第なのです。今日からでも実行できることですので相手の事が好きで一生生活を共にして行きたいのでしたら素直になってみましょう。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)