離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚を回避する方法は相手の立場になって考えて謙虚な気持ちになること

5250 views
約 4 分
離婚を回避する方法は相手の立場になって考えて謙虚な気持ちになること

離婚したいと言われた理由

旦那様から「離婚をしたい」と言われ、あなたが、それを希望しない場合、要するに「離婚をしたくない」と思う場合には理由を知ることが大切です。旦那様に「離婚なんて嫌だ」と言う前に、どうして旦那様はあなたに対して離婚をしたいと言い出してきたのでしょうか。

どうしても人は自分本位に物事を考えてしまいがちですが、相手がそう思った理由を考えることが先ず一番最初にすべきことです。ですので旦那様に離婚を切り出された時には逆ギレしたり大声を出さずに謙虚な姿勢で少し考えさせて欲しいと伝えましょう。

理由がなければ離婚を切り出すはずがありませんし、仲が良い関係ので時に離婚を切り出すこともありません。ここ数日のことを振り返ってみると自ずと答えが出てくると思います。

理由は1つではない」のです。理由を1つ理解しようとするのは正しい理解ではありません。理由の言葉の意味は「物事がそうなった道筋」のことですから、「相手が自分と離婚したいと思うようになった道筋」を知ることが必要なのです。

家の雰囲気はどうだったか

離婚のことを告げられた日から遡ると、家の中の雰囲気が良くはなかったはずです。それは少なくとも奥様の方でも感じられたはずです。ではどうして良くなかったか。ここからは相手の気持ちになって考えないと行けません。

もし生まれてこのかた相手の気持ちや立場になって考えたことがないと言う方は離婚をしたくないのであれば逃げずに考えないといけません。そしてそのプロセスと言うのは実は難しいことではなく、自分が相手に対して行った言動や行動を思い出し、もし自分が相手に同じことをされたらどう思うのかと言うことを考えれば良いのです。

家の雰囲気が悪くなるのには必ずその中に答えが隠されているはずです。

旦那様との話し合い

前項に書いたプロセスを行った中であなたの心の中に思い当たることが出てきたら、忘れない様に必ず紙に書き留めましょう。

もちろん100パーセントの答えであるはずはありませんし答えは一つだけではないかも知れません、それでも良いので自分が思い当たる部分を書き出して旦那様と話し合いをしましょう。その時に旦那様としては離婚の意思が固いと言うことを忘れないで話し合いに望まなければなりません。

そして何より大切なことは、あなたが離婚をしたくないと言うことを直接の言葉でダイレクトに伝えるのではなく、相手が離婚に至るまでに嫌だったことに対して改善をするということを切に伝えなければいけません。相手にとって、これがメリットであり、離婚を考え直すきっかけになるかもしれないことなのです。

謙虚な気持ちを持ち続けること

世の中の全ての女性とは言いませんが一般的に男性に比べるとヒステリックになりやすいと言います。しかし事は離婚に関する話ですので冷静に落ち着いて取り乱さずに何より謙虚な気持ちで自分が思った改善点を旦那様に伝えなければいけません。

もしかするとそれは旦那様が感じていたあなたに対する不満ではないかも知れません。それでも良いのです。何より今まで謙虚に旦那様と向き合って話をしたことがなかったのであればその姿勢が見えただけでも旦那様に伝わるはずです。

そしてその態度を見て感じた旦那様はもう一度あなたとの生活を見直して見ようと思ってくれるはずです。大丈夫ですあなたならきっとできます。だって離婚をしたくないんですよね。謙虚な気持ちになってみましょう。

【プロ心理カウンセラーの離婚を回避する方法】

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

マニュアル作成者の保有資格:
・米国NLPマスタープラクティショナー
・ケアストレスカウンセラー
・青少年ケアストレスカウンセラー

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」

離婚後、復縁したいならこちら

”カップルが別れてからの復縁と離婚からの復縁は使う方法が大きく異なります。離婚からの復縁も7stepでは網羅していますから安心です。(リンク先より引用)”

【7step】はこちら(無期限・無制限メールサポート付き)
復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法
復縁女性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

この記事のレビュー(一覧)

0
Rated 0 out of 5
星5つのうち0 0件の評価に基づく
星5つ(投稿者の主観:とても良い)0%
星4つ(投稿者の主観:良い)0%
星3つ(投稿者の主観:普通)0%
星2つ(投稿者の主観:少し悪い)0%
星1つ(投稿者の主観:とても悪い)0%

この記事には、まだレビューが投稿されていません。あなたが最初の投稿者になってみませんか? レビュー機能を新しく追加してみたので、よかったら一言でも、または星評価だけでも良いので投稿をお願いします。

この記事のレビューを書く!

・レビュー機能追加!記事を読んだら星評価だけでもお願いします!

この記事を書いた人(寄稿者)

みんなの記事を代理投稿
みんなに書いてもらった記事を代理投稿しています。投稿記事は色々な方が書いた文章になります。とても良い文章が沢山ありますので、あなたのお悩みが解決することのお役に立てるかもしれません。

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)