離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚をしたくない方へ、離婚を回避するのに必要なこと。また最近では弁護士や離婚カウンセラーに相談したことで離婚を回避できたケースも増えています。

離婚をしたくない方へ、離婚を回避するのに必要なこと。また最近では弁護士や離婚カウンセラーに相談したことで離婚を回避できたケースも増えています。
絶対に別れたくない…離婚したくない…。
離婚を回避できた「事例」は存在します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
妻に許してもらい離婚を回避する方法
真剣に反省していることを分かってほしい…。
1年間・回数無制限メールサポートあり
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法

1、離婚が回避できた成功事例

(1)子供がいた場合

子供がいる場合には比較的離婚を回避し易いと言われています。それはどうしてかと言うと、もしその時に夫婦間のすれ違いがあったとしても子供が小さな時には生計を一緒にして行かなければなりませんし、子供のためにも両親がいた方が良いと言うことからです。そしてそのうちに夫婦間の関係が戻っている場合も多いのです。

(2)夫(妻)の浮気が原因だった場合

浮気が原因で離婚をしてしまった夫婦もいますが、その分関係を修復できた夫婦もたくさんいます。結論から言いますとマンネリや日々の生活に飽きてしまったことが原因となりますので、もう一度新婚当初の気持ちを思い出すために昔話から再スタートしたり、旅行に出かけてみるのも良いでしょう。

(3)コミニュケーション不足だった場合

コミニュケーションが原因となって浮気に発展することもありますので、もしも最近夫婦間での話がないなと感じた場合には待っているのではなく、率先して自ら相手に話しかける様に致しましょう。最初は時事ネタや何気無い事でも良いので、会話を絶やさない様にしましょう。

2、離婚届の不受理申出制度を利用して勝手に離婚届を出されないようにする方法

離婚届の不受理申出制度とはどの様な物かと言いますと、通常は自分に離婚の意思がなくても相手が勝手にサインと捺印をして市役所に提出すると離婚が成立されてしまいます。しかし相手が離婚届を提出する前に役所に行くと『離婚届の不受理申出用紙』と言うものがありますので、これにサインをして提出をすると相手が離婚届を提出しても採用されないのです。ですので必要があれば活用してみると良いでしょう。

3、離婚に陥った正しい原因を知る

相手から離婚を言い渡された時にはどうして相手が離婚したいと思ったのかを深く考え、そこ根元について話し合いをして詳しく掘り下げて改善する必要があります。男性が思っている以上に女性はまた考え深いために根源として何が悪かったのか、いつも相手に不満を与えていたことはどんなことがあったかを振り返って正しい原因を見つけるように致しましょう。

4、相手の気持ちも深く理解する大切さ

離婚をしたくないと言う自分の気持ちだけで焦ってしまうと、空回りしてしまって良い結果にならない場合がありますので、今相手はどの様な気持ちなのか?何を望んでいるのかを敏感に察して相手のことを思いやりながら行動をする様にしましょう。そうすれば後々相手のことを思いやっている気持ちが伝わるはずです。

 

<< 下に続く >>

5、悩まずに相談しよう?離婚を回避したい場合の相談先について

(1)友人・知人に相談する場合

真剣な問題だからこそ先ずは誰かに聞いて欲しいと思う時には日頃からコミニュケーションが取れている友人や知人に相談することで先ずは安心すると思います。特に結婚をしている友人や離婚の危機を味わったことがある夫婦に相談をすることで同世代ならではの参考になる意見を聞くことができるはずです。

(2)両親に相談する場合

もし皆さまが親に何でも相談できる親子関係があるのであれば子供のことを思ってこその離婚を回避するための意見が聞けるはずです。長い夫婦関係を築いてきたからこその人生の先輩としてのアドバイスもあると思います。但し我が子のことを思って離婚を促すアドバイスをしてきた場合にはマイナスの思考に陥ってしまうので相談を中止しましょう。

(3)離婚カウンセラーに相談する場合

離婚カウンセラーとは豊富な経験から離婚を促進させたい場合と逆に離婚をしたくない場合の方法もアドバイスを受けることができます。一回の相談でおおよそ1万円かかりますが、それで離婚を回避できるのであれば安い投資だと思います。最近では離婚カウンセラーの数も増えてきていて、電話でも相談に乗ってくれる離婚カウンセラーも増えています。

(4)弁護士に相談する場合

離婚をしたくない場合に弁護士に相談をすると言うことは最終的に双方が幸せに修復をすることが目的になりますが、最初の窓口としては離婚届の不受理申出書の手続き方法や、離婚をしたくない場合に不利にならない様にしてはならないことなど、どちらかと言うと法律的に皆さんが間違えたことを行なっていないかをアドバイスしてくれます。

6、離婚を避けるには成功事例を真似ること

昨今の離婚件数は一年間に約25万組あると言われています。また離婚調停は一年間に約6万件あると言われています。そして一般的に離婚調停と言うともう離婚をすることが確実になってしまうと思われがちですが、しかしそのうち2万件は離婚をせずに済んでいます。ですので離婚をせずに済んだ夫婦の事例を参考にすることこそが何よりも夫婦間が復縁できる近道となるのです。

7、離婚を回避するためのポイントのまとめ

離婚を回避するには自分中心にならずにどの様にして離婚を解決して行くか、相手の気持ちを考えながら進んで行くことが大切です。また話し合いの中で対話ができて双方の溝が埋まっていく傾向になることが理想的ですが、そうではない場合には一人で抱え込まずに知人や親など信頼できる人に相談すると良いでしょう。また最近では弁護士や離婚カウンセラーに相談したことで離婚を回避できたケースも増えていますので本当に困った時には活用してみましょう。


妻に許してもらい離婚を回避する方法

【男性の方はこちら】

突然、妻から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い妻に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚調停の約6万件のうち約2万件は離婚せずに元に戻っているのですから、あなたにも離婚回避の可能性は十分あるでしょう。

まずは、妻に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
 妻に許してもらい離婚を回避する方法

夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

【女性の方はこちら】

突然、夫から「離婚したい」と言われた方へ。

決意の固い夫に離婚を取り下げてもらい元通りに戻りたいのなら「離婚を回避できた事例」を知ることが大きな力となるでしょう。離婚を回避できた事例、そして離婚調停を取り下げてもらった事例を簡単に真似をすることが回避する近道になるでしょう。

まずは、夫に許してもらい離婚を回避する方法の詳細をご覧ください。
夫との離婚を回避して元通りに修復する方法

コメント投稿
お気軽に投稿していってください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)