離婚を回避する方法

離婚をしたくない人へ。離婚すると言われたらコレ!妻や夫に許してもらい離婚を回避して元通りに修復する方法

離婚回避を成功させるには

1276 views
約 3 分

・離婚回避をする為に子供の将来について考えましょう
離婚回避をしたいと考えている方は、子供の成長について、しっかりと話し合った方が良いでしょう。離婚問題は夫婦二人だけではなく、子供に大きな影 精神的な影響を与えてしまうものです。もちろんシングルマザーやシングルファーザーとして、一人で立派に育てている方もいらっしゃいますが、子供の心情としては、両親二人の元で育ちたいものです。統計によると、親が離婚していると、子供も離婚しやすくなるというデータもあります。両親二人ともに揃った、安心した環境で育てることを相手に伝え、離婚回避を成功させましょう。離婚せず、子供の為だけに生きるという生き方も、素晴らしい生き方の一つです。

・思い出巡りをして離婚回避
離婚まで話が進んでしまった場合、少し環境を変えて、思い出巡り旅行して見ることもお勧めです。夫婦には、世界にたった一つだけの歴史があります。付き合った時、プロポーズした時、初めて二人で暮らした時、子供が産まれた時など、夫婦だけの歴史があるはずです。そんな歴史を辿る旅行もお勧めです。初めて付き合った時のデートの場所、結婚式会場、プロポーズした場所、子供が産まれた病院、新婚旅行の場所など、二人だけの歴史をもう一度辿ることで、あの時の気持ちを思い出すことが出来て、また頑張ろうという気待ちにさせてくれるでしょう。その時に離婚したくないという話を、冷静に真剣に伝えれば、上手くいくでしょう。

・冷静な話し合いで離婚回避
離婚の話し合いは冷静に行わなければなりません。特に感情的になると、人は言ってはいけない言葉や、思ってもいないことを口に出したりしてしまうので、冷静に話し合いを行わなければなりません。もし、二人だけで、冷静な話し合いができない場合は、第三者を入れて話し合うことがお勧めです。第三者は、どっち側にもつかない、冷静な判断や物事の良し悪しが分かる方にしましょう。第三者に指摘されることにより、自分の悪い所を冷静に受け止めることがお互い出来ます。それを踏まえて、改善していくことをお互い誓えば、上手く離婚回避することが出来るでしょう。夫婦二人だけだと感情的になってしまう方には、とてもお勧めの方法となっています。

・別居をしてみてお互いの大切さを知り、離婚回避をしましょう
夫婦二人でいるとどうしても感情的になり、話が進まないという方は、別居をしてみることもお勧めです。別居をすることにより、考える時間を設けられるメリットと、いなくなって初めて、その大切さが分かったり、当たり前に感じていたことなども分かりやすくなります。しばらく会わない期間を作れば、次会った時に感情的にならず、冷静に話し合いを行うことが出来ます。そこで離婚したくない意思をしっかりと伝えて、自分の悪い所を洗い出し、そこを改善していくことを誓えば、離婚を回避することが出来ます。感情的になる方にはお勧めの方法となっています。

女性が書いた男性のための離婚回避マニュアル

~妻と絶対に離婚したくないあなたへ~

このマニュアルは、離婚危機にある男性に徹底的な女性目線でアドバイスをお伝えします。総ページ数は215ページに及び、離婚問題に関するあらゆる情報を網羅しています。

こういったマニュアルの多くは男性が男性目線で書いたものであり、「妻の感情」をまったく無視しています。
ゆえに、妻の逆鱗に触れる的外れなアドバイスばかりを伝えています。

しかしこのマニュアルでは、実際に離婚を経験した私が心理カウンセラーとしての観点を含め、徹底的な女性目線で解説しています。

特に「離婚回避のための手紙の書き方」はこのマニュアルだけのオリジナルです。

【内容】
・浮気が原因で離婚危機の場合
・モラハラが原因で離婚危機の場合
・妻と心を開き話し合う方法
・気持ちが伝わる妻への手紙の書き方
・妻の両親への手紙の書き方
・離婚調停で離婚回避するための方法
・知られざる離婚裁判の真実
・誰にも聞けない慰謝料への対処法
・大切な子どもの親権について
・連れ去り別居への対応の仕方

【購入者特典】
1.妻への手紙の書き方サンプル
2.特別付録「子どもとの絶縁状態を回避する方法~子どもへの愛と養育費~」
3.地雷言動チェック表「あなたのこんな言動がパートナーを追い込んでいた」
離婚回避が出来なかった・・・
それは「心の問題」を解決する必要があるかもしれません。
サヨナラ・モンスター

コメント投稿はこちら

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)